〒680-0853 鳥取県鳥取市桜谷367-1

TEL.0857-30-3888予約専用電話.0857-30-3889

HOMEクリニック紹介院内紹介診療時間・アクセス

小児科 アレルギー科 鳥取市 予防接種 乳児検診 育児相談

アトピー性皮膚炎

コンテンツメニュー

診療ネット予約はこちらから

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

HOME»  アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の基礎知識

1. アトピー性皮膚炎は、どんな症状ですか?

アトピー性皮膚炎の名前は有名ですが、悪化要因や重症度の幅が広く、一言で表現することは意外と難しいのです。
ここでは、特徴をお話しします。

4つの特徴 (アトピー性皮膚炎を診断する上での重要な特徴です)

1) かゆい!(かゆくないアトピーはない)
2) 特徴的皮膚症状(年齢、部位など)
3) 慢性かつ反復性の経過:いったん良くなっても再発する
4) アトピー素因:家族にアレルギー疾患、血液中IgE抗体の上昇など

1) かゆい
かゆくないアトピー性皮膚炎はないと言われています。
冬に乾燥してるだけの肌でかゆみもない(かいている動作もみられない)ようなら、乾燥肌として、保湿だけで経過をみていいでしょう。

2) 特徴的皮膚症状(ドライスキン)
皮膚症状としては、乳児期には顔、首などのじくじく傾向の赤みがよく見られます。
また手足は乾燥が徐々にはっきりしてきます。2~3歳の幼少児期には、手足や脇腹などの乾燥がみられ、膝、肘の湿疹が多くなってきます。成人になると、赤ら顔や眉毛の外側脱落、皮膚が厚く硬くなる苔癬化や首などの色素沈着などみられます。

アトピー性皮膚炎の皮膚の特徴として「ドライスキン」があります。
皮膚が乾燥し、水分保持機能の低下(皮膚内の水分は出て行きやすいく乾燥します)、バリア機能低下・易感染性(アレルゲンや微生物が進入しやすく、水いぼなど皮膚に感染しやすい)、痒み閾値低下(過敏で痒くなりやすい)をおこします。

3) 慢性かつ反復性の経過
診断するにも、乳児でも2ヶ月以上、その他では6ヶ月以上の経過を慢性として考えています。 湿疹がでてすぐに診断できるものではないですし、簡単に治ってしまうならアトピー性皮膚炎とは言えないのです。

4) アトピー素因
アトピー素因(=アレルギー体質)があるかで、家族にアレルギー疾患(気管支喘息やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎など)があると遺伝的に体質があると考えられ、また血液中のIgE抗体の上昇など血液検査で、アレルギー状態を判断します。
アレルギー検査は、この診断の一部を担っているだけで、これらを総合的に判断してアトピー性皮膚炎の診断をします。

2. 何故こんな症状がおこるのでしょうか?

アトピー性皮膚炎の病態図

上の図はアトピー性皮膚炎の病態を私なりに表現しました。
遺伝要素は、アレルギー体質としてありますが、他にも皮膚自体の水分保持能力の少なさなどの防御機能の弱さなどもあります。皮膚自体の「弱さ」やアレルギーによる皮膚の炎症で、皮膚がドライになり、かゆみが強くなり、掻くことでまた皮膚の傷となり、防御機能が低下していき、アレルギー反応も起こりやすくなる相乗効果があると考えられます。
つまり、皮膚がダニや食物も含めて、いろいろな刺激に対して過敏性が強い状態です。だから、皮膚が敏感なので多くの悪化要因が関係しています。
どういう経路がもっとも重要かはその人によりますので、当然食物アレルギーがない人でも皮膚防御機能の弱さが強ければ、アトピー性皮膚炎になり得ます。
つまり、アトピー性皮膚炎は、食物アレルギーだけが原因なのではありません。食事制限のみしていても、皮膚が弱っているので、塗り薬などで皮膚をよくして、アレルギーも含めて、いろいろな悪化要因への対応をしないとよくなりません。
アトピー性皮膚炎は「皮膚の過敏性」【=いろいろな物に対して敏感な皮膚】が特徴と考えられます。

アトピー性皮膚炎と食物アレルギーの関連

このように、アトピー性皮膚炎は食物アレルギーだけが原因ではありません。だからアトピー性皮膚炎の一部の方(乳幼児では比較的多いのですが)に、食物アレルギーも関与していると考えられます。

3. アトピー性皮膚炎はどう治療するの?

★アトピー治療の3本柱★

1) スキンケア(皮膚状態の維持調整、皮膚刺激要因の除去)
2) 原因(環境)対策(アレルゲン除去、環境調整)
3) 薬物療法

1) スキンケア

①皮膚状態の維持調整〔きれいな皮膚の状態を保つ〕

汗をかいたり、手が汚れればしっかり洗いましょう。
過敏な皮膚から、皮膚の汚れや細菌、アレルゲンを除き、きれいな皮膚を保つため、手や口の周りなども、汚れればこまめに洗ってあげましょう。
ごしごしこすらずに、泡立てた石鹸をお母さんの手につけて、できれば手(指先で皮膚の状態を確かめながら)で洗ってあげましょう。
その後、よくすすいで石けんを残さないように。
基本的には普通のベビー石けんでいいでしょう。
夏場はシャワーなどで1日2~3回汗など洗い流しましょう。
入浴時には、かゆくなるような高い温度の湯はさけて、後でほてりを感じさせるような入浴剤は避けておきましょう。
その後に外用剤、保湿剤など(必要に応じて治療、とれた皮脂を補給する)を必要に応じてきちっとつけましょう。

②皮膚刺激要因の除去〔皮膚への直接刺激を減らしましょう〕
皮膚に当たる衣服、寝具の素材など皮膚刺激に注意しましょう。
肌着は木綿で、チクチクする素材やしめつけなども注意をしましょう。
お母さんの衣類も気をつけましょう(セーターなどがお子さんの顔にチクチク刺激してる事もありますよ)
爪を切って、毛髪も短めに。(首筋は髪の毛の刺激でかゆい事もありますよ)
居住空間の湿度、温度も適切に。(もちろんクリーンに、動物も注意を)

2) 原因(環境)対策〔悪くなる原因をなくしましょう〕

①アレルゲン〔アレルギーの原因〕をなくす
=しっかり原因を診断することがまず大切!=

1】 食物アレルギーについて
1. 食物アレルギーはどうやって診断するのでしょうか?

検査方法として最も一般的なものは、血液検査で、血液中のIgE抗体がダニや食物などに対して作られているかをみる検査です。他にIgE抗体以外の血液検査や、皮膚で反応がでるかを確かめる皮膚試験もあります。
1歳になるまで(特に生後4~6カ月ぐらいまで)は、血液検査をしても反応が出にくいので少し待つこともあります。
症状や年齢によって検査項目を選んで行いますが、そのためにも症状の悪化と抗原との接触(例えば何らかの食物を食べた後に症状が悪化するなど)の関連を日常生活でよく観察しておくことが大事です。

しかし、血液検査(IgE抗体)の反応が強ければ、アレルギー反応の原因である可能性は高くなりますが、それだけでは正しく診断できません。 特に食物アレルギーでは、除去試験(その食物をやめて症状が改善するか?)や、負荷試験(その食物を食べて症状が出現するか?)も必要に応じて行い判断します。
特に、年齢が大きくなるにつれて、血液検査で食物の反応が出ても、実際にはアレルギー症状が出ない子が多くなります。
=血液検査だけでは確定はできません。ましてや、誰かに「卵では?」と言われたなどは、まったくあてになりません。→勝手に決めないようにしましょう!

2. 食物アレルギーの治療はどうするのでしょう?
治療の基本は、原因食物を取らないことで、アレルギーをおこらなくする。
=原因食物の制限です。 ☆かならず主治医の指示でしてください。
しかし、症状が出るものは制限しますが、食べて症状もないものは、徐々に食べていきましょう。
同じ卵製品でも、製品によってもアレルギー症状のだしやすさが違うので、加熱すれば食べても大丈夫な人もよくあります。
また、卵や牛乳などでは、大きくなれば食べても症状が出なくなることもよくあります。
このように、食物制限の必要な内容や程度は、その人その時で違うので、何を制限するかはよく相談をしましょう。
また、食べてもアレルギー反応がでない食品のなかで、補助的栄養をいかに補うかも大切です。

3. 食物アレルギーは治るのでしょうか?
小児期の食物アレルギーは、卵や牛乳などが原因食物の中心ですが、特に乳児、幼児期では、治療をしていくことで、アレルギーがおこらない状態が続けば、耐性獲得(=食べても大丈夫)になってくることが多くみられます。
しかし、そばや甲殻類によるじんましんなどは治りにくい食品です。
比較的年齢が小さい頃から必要ならきちっと治療した方が、よくなりやすい傾向があります。必要なら早期から対応してあげたほうが後が楽なようです。

2】 ダニ、ハウスダストアレルギーは関係ないのでしょうか?
アレルギーの原因になるダニは、ヒョウヒダニという、小さいダニで、その糞や死骸のかけらが、室内のホコリ(ハウスダスト)になり、室内を舞っています。人を刺してかゆくなるようなダニの種類ではないので、かゆいなど症状がなくても、人が住んでいれば必ずいます。
床のジュータンや、布団などに潜み、人の食べこぼしやふけなどをえさにして、人が快適な温度や湿度あれば、どんどん増殖します。
皮膚炎になって、掻いているような皮膚は、正常なバリアーではなく、傷をしたような状態ですので、そこにもダニアレルゲンが入るとアレルギー反応を起こしてくることがあります。
また、動物の毛やフケによるアレルギーでも、皮膚の状態によっては悪化することもよくみられます。
また、1歳すぎからダニ、ハウスダストアレルギーが増加し、2~3歳頃に、喘息症状がはっきりして喘息と診断されることが多くあります。
アレルギーがあれば、喘息予防にもダニ、ハウスダスト対策はしておいたほうがいいでしょう。
簡単に、ダニ・ハウスダスト対策を書いておきます。

家庭内からダニ、ホコリ、カビを追い出す方法

① 布団は干して乾燥後、外でよく叩き、掃除機でホコリを吸引する。防ダニふとん、カバーも考える。汚れれば丸洗い。
② 毛布団や羊毛の寝具、マットレスは使用しない
③ カーペットや布製ソファーを除去する
④ 畳よりフローリングの方がよりよい
⑤ 電気掃除機は特に週1回はゆっくりとかけ、拭き掃除をする
⑥ イヌ、ネコ、小鳥は飼わない
⑦ ぬいぐるみや植物は室内に置かない
⑧ 空気洗浄機も効果はある
⑨ 換気して、湿気を防止する
⑩ エアコンフィルターはこまめに洗う

②環境調整=生活環境を整えてあげましょう

1. 心理的ケア:精神的ストレスもアトピー性皮膚炎の悪化に結びつきます

→イライラすると痒くなる!また、掻くと皮膚は弱るのでますますかゆくなりやすい。
しかし、「この子が掻くから悪くなる」や、「掻くな」とおしつけないでください。
→かゆくなる原因があるから掻くのです。
→痒くならないように治療をきちっと。かいてもひどくならないような対応を。
安眠できないと痒みも増すので、日中はしっかり遊び、入浴後の治療をしっかりして夜寝やすいようにしてあげましょう。
それに、家や学校でのストレスの影響も少し気を付けてみましょう。
掻いていない時のスキンシップも大切です。掻いた時だけ反応するようでは、掻くとお母さんがこちらをみてくれると思ってしまうかもしれません。

父母がイライラしていると、お子さんもイライラしてしまいます。
治療はたいへんですが、ご両親のストレスが非常に強い時には、「できる範囲でしていくしかない・・」と割り切ることも必要かもしれません。
あせらず、できるところから改善しましょう。

2. 生活リズムの確立
夜型生活は自律神経の働きを弱めます。
朝に頭も体も活動せずに、夜に目が覚めてぐっすり寝られません。
しっかり寝ていないとかゆみも強くなります。
強い体を作るためにも、早寝早起き朝ご飯の生活リズムを作っていきましょう。

3) 薬剤療法=定期的に受診をして、その子のその時の状態にあった治療をしましょう。
外用剤〔塗り薬〕:皮膚の病気ですので、皮膚を治療=塗り薬が必要です。


ステロイドホルモン外用剤、非ステロイド系外用剤
免疫抑制剤軟膏、保湿剤など

1. ステロイドホルモン外用剤:強さのランクがあります(Ⅰ群=強い、Ⅴ群=弱い)。
Ⅰ群(ストロンゲスト):デルモベートなど
Ⅱ群(ベリーストロング):フルメタ、マイザー、トプシムなど
Ⅲ群(ストロング):リンデロンV、ボアラ、エクラーなど
Ⅳ群(マイルド):アルメタ、ロコイド、キンダベート
Ⅴ群(ウイーク):プレドニゾロン、コルテス
など (アトピー性皮膚炎 治療ガイドライン2005より)

ステロイド外用剤の使い方

症状が強い時には程度にあったステロイド外用剤を使いましょう。
効く程度強さの薬をつけないと意味はありません。
=必要なときにはきちっと使う。良くなったら、弱い外用剤や1日おきなどの間欠的外用で後押し(後治療)していきます。うまく使えば副作用は少なくコントロールできます。

2. 免疫抑制剤軟膏(タクロリムス外用剤:商品名プロトピック)
2歳以上で使う事ができ、成人用と小児用があります。
効果は、ほぼステロイドのⅢ群~Ⅳ群程度。
ステロイド外用剤のような副作用はありませんが、塗ったときの刺激感、感染などに注意が必要で、塗ったあとに日光浴などは控えます。
ステロイド外用剤でよくなったあとなどの継続治療などで使用します。

3. 保湿剤
ドライスキンには、保湿剤が必要です。
特に寒い時期には、入浴後には必ず使用しましょう。
種類により使用感がいいものを選ぶよう相談したらいいでしょう。

③内服薬〔飲み薬〕:
抗ヒスタミン剤(抗アレルギー剤)、漢方薬などかゆみが強い時などに使います。

4) その他の治療は?

①皮膚の鍛錬

風呂上がりの水かぶり、薄着など少し鍛えることも考えられるでしょう。
しかし、乾布摩擦はやめましょう。
喘息の鍛錬にいい水泳も、泳いだ後に皮膚の処置をしてできることもあります。
喘息のある子は続けることで、体力もつき、継続できていることが自信にもなります。

②特殊療法:免疫療法、光線療法、海水浴療法、温泉療法など

③その他いわゆる「民間療法」など

これさえすれば治るような、「いい手」があるわけではありません。
「すべてのアトピーに効く」治療法は、ないと考えてください。
その人で状態がちがうので、効果のある人もあるが一方で悪くなる人もあります。
かかりつけ医とよく相談をしてください。